毎年多くの学生のエントリーシートに目を通していると、同じ表現の文章がたくさん送られてきます。 原因は、市販の参考書や大学のキャリアセンターの指導です。 参考書では、「文章は結論から書こう。そのあと説明するためのエピソードを述べよう」と記載して いるものが大半です。決して間違ってはいませんが、言葉足らずの説明がほとんどです。
 本当に書く必要があることは、行為の結果ではなく、その理由と背景です。しかし、一人で文章を書いていると、意外と気づかないもの。文章は、他人に見せてはじめて、自分の本当の姿を引き出してもらえるものなのです。
 今年は採用活動の開始時期が遅くなります。例年以上に採用活動のピーク時期が短くなるため、短期間で複数のエントリーシートを仕上げる必要があります。
 手遅れにならないよう、早めの対策をお勧めします!